健康サポート

季節の健康トピック

冷え性はシーズン本番前から予防を

寒くなってくると、特に症状が強くなる冷え性。放っておくと、かぜはもちろん、婦人科系や腎臓の疾患、胃腸のトラブルなどの原因にもなりかねません。冷え性の人は早めに対策を講じて、秋から冬を元気に乗り切りましょう。

冷え性の予防には、入浴法を工夫することがお勧めです。最も効果的な入浴法は、みぞおちから下だけお湯につかる半身浴です。38〜39度のぬるめのお湯に20〜30分かけてゆっくりつかると、さらに効果があります。身体の一部分だけをお湯につける足湯や手湯もお勧めです。手足が冷えているときやかぜ気味のときに、特に効果的な方法です。お湯に塩や唐辛子をひとつまみ入れると、保温効果がさらにアップします。

運動不足も冷え性の原因の一つです。運動しないと体の基礎代謝が落ちて、血液が体の隅々まで行き渡らなくなり、血行不良を起こします。手足を伸ばす程度の軽いストレッチでも、毎日続ければ血行が良くなり、冷え性の改善に効果があります。ぜひ実行してみてください。

服装は、とにかく下半身をガードすることが大事です。寒い季節、下半身を冷えから守るお勧めの服装はパンツルックです。スカートのときは、できるだけタイツをはきましょう。風が入ってくる首元もガードを。またガードルなどで体を強く締めつけると、血行を悪くして冷えの症状を悪化させるので注意しましょう。

食生活では、意識的に体を温めるメニューをとるよう心がけましょう。食材では根菜などの野菜や肉、魚など良質のたんぱく質がお勧めです。冷たいものや生もの、砂糖のとり過ぎは体を冷やすので避けてください。体を温める食品は、野菜ではだいこん、にんじん、れんこん、山芋など。魚はアジ、イワシ、肉は鶏肉などです。調理にショウガを使うと、さらに保温効果がアップします。


ページの先頭に戻る

 

病気と治療の基礎知識

(2020年10月2日更新)
痛風

クイズdeヘルスケア

(2020年10月9日更新)
動作の強度が一番大きいのはどれ?

カラダに効く食材

(2020年10月16日更新)
シイタケ◎コレステロールと血圧の低下に効果

健康サポート

職員募集のご案内

いさやま整形外科医院

〒807-0876
福岡県北九州市八幡西区
浅川日の峯1丁目22-22
電話:093-692-6708
Fax:093-692-8911
お問い合わせ

診療科
整形外科
リウマチ科
リハビリテーション科
診療時間
午前 9:00〜12:30
午後 14:00〜 18:00
※受付は、終了15分前までとなっています
休診日
日曜および祝日

詳しい地図を見る